1951年(昭和26年)4月
土地所有権証明書が交付される

 

1951年4月1日付で土地所有権証明書が交付されました。

 

沖縄群島の土地に関する公図や公簿の大半は、沖縄戦で失われました。1946年2月28日、海軍軍政府指令第121号「土地所有権関係資料収集に関する件」が公布され、土地の所有権を確認する作業がはじまりました。また、1950年4月14日公布の軍政府特別布告第36号「土地所有権証明」では、土地所有権証明書を発行する手続きが定められました。

 

 

1951年3月5日発行の『沖縄週報』第14号に掲載された「『土地所有権証明書』成る 各市町村で一般縦覧」では、「土地所有権認定の証明の大事業も5ヶ年の年月と莫大な経費並びに米国民政府、沖縄群島政府、各市町村当局及び一般住民関係者の努力によつて愈々2月28日で証明書作成は完成される運び」となり、3月1日から30日間、各市町村において一般縦覧されることを伝えています。

 

そのうえで、自分が申請した土地が確実に記入されているか、自分の土地を他人が申請していないかなど、「細部に亘って調べ、間違いがあったらそれを主張して充分に縦覧の実益を挙げるようにして貰いたい」と記しています。

 

土地所有権証明書は、一般縦覧に供された後、4月1日付で交付されることになりました。

『沖縄週報 1951年03月05日 14号』(0000064133)

 

 

上に戻る