島ぐるみ 海難防止へ 和と力 ~ 海難防止運動

八重山支庁 経済課の「海運に関する書類」から、海難防止運動に関する文書を紹介します。

『安全運動 1969年以降』R00102627B)には、1969年から71年までの海難防止運動に関する八重山支庁の文書が綴られています。

 

1969年の海難防止運動において、八重山地方庁が関係者に協力を依頼する文書です。

関係先は、水難救済会八重山支部、定期船協会八重山支部、石垣市・波照間・鳩間・西表・与那国の各漁業協同組合などとなっています。

1970年の海難防止運動の実施報告です。

横断幕の掲揚や、ポスター・標語の配布、新聞やラジオでの広報、船舶検査、座談会・映写会が行われたことがわかります。

また、関係者からは、「離島との通信(電話)連絡時間を、24時間制にして貰いたい」、「各離島航路の水路に立標を増設して貰いたい」などの要望があったことも記されています。

 

1969年から71年の海難防止運動のポスターや標語を紹介します。

■1969年

1等:島ぐるみ 海難防止へ 和と力

2等:無視するな予報 無理するな航海

3等:たしかめて 無理と油断のない出船

 

■1970年

1等:あせる気に ゆるむ心が 海難のもと

2等:よい整備 たゆまぬ注意に 海難なし

2等:無事故こそ 海の男の合言葉

 

■1971年

1.さあ復帰だ 海難なくして 豊かな県づくり

2.注意こそ 海難防止のかなめなり

3.天気予報 よく見て聞いて 安全航海

 

 

上に戻る