オニヒトデの駆除に補助金を~観光資源のサンゴを守れ

通産局観光課の「観光に関する書類」から、オニヒトデの駆除に関する文書を紹介します。

『オニヒトデ駆除対策補助金交付申請書 駆除対策補助事業実績報告 恩納村』R00070390B)には、恩納村が1971年に行った「オニヒトデの駆除対策事業」に関する文書が綴られています。

事業の目的は、「近海に生息するオニヒトデを駆除し、海中観光資源であるサンゴ、熱帯魚の保護を計る」ためで、琉球政府から補助金2000ドルが交付されました。

「琉球列島沿岸のサンゴは、その規模、種類ともに世界的なものでその美しさは他に類がないものといわれ、政府においてはこのサンゴを観光資源として開発しなければならない」との記述からは、美しいサンゴを保護することで観光地としての沖縄の価値を高めようとする様子が見てとれます。

 

上に戻る