1952年(昭和27年)1月
米国民政府布告第12号「琉球民裁判所制」が公布される

 

19521月、米国民政府布告第12号「Ryukyuan Court Systems / 琉球民裁判所制」が公布されました。これによって、琉球上訴裁判所、巡回裁判所および治安裁判所からなる琉球民裁判所が、琉球臨時中央政府及びその後継者である琉球政府の司法府とされました。

 

ただし、米国民政府(USCAR)は、琉球民裁判所の判決を取り消したり、琉球民裁判所で係属中の事件であっても、米国民政府(USCAR)が設置した裁判所に移送できる権限をもっており、琉球政府の司法権は大きく制限されていました。
『米国民政府布告/Civil Administration Proclamation 1950年~1957年 第001号~第039号』RDAP000033)

 

1952年(昭和27年)3月
第1回琉球立法院議員選挙が実施される

 

1952年3月2日、琉球立法院議員の第1回総選挙が行われました。

 

同選挙は、1951年12月18日に公布された米国民政府布令第57号「Election Law for Legislature of the Government of the Ryukyu Islands/琉球政府立法院議員選挙法」で規定されたもので、選挙区は8(奄美2、沖縄4、宮古1、八重山1)、議員定数は31人(奄美8、沖縄18、宮古3、八重山2)でした。

 

第1回総選挙における有権者数は475,415人、投票者数は409,574人で、投票率は86.16%でした。また、議員定数31人に対する候補者は60人で、競争率は1.9倍でした。

『選挙結果調 1969年 立法院議員 行政主席 群島知事 群島議会議員』(R00000621B)

 

 

1952年(昭和27年)4月
琉球政府が設立される

 

1952年4月1日、米国民政府布告第13号「琉球政府の設立 / Establishment of the Government of the Ryukyu Islands」によって琉球政府が発足しました。琉球政府は、琉球における政治の全権を行うことができるものの、米国民政府の布告・布令・指令に従うこととされました。

 

立法院議員は公選でしたが、行政主席(初代主席は比嘉秀平)は任命制であったため、自治権の拡大を目指す沖縄社会において、主席公選の実現が大きな課題となりました。(1968年に実現)

米国民政府布告第13号「琉球政府の設立」『米国民政府布告/Civil Administration Proclamation 1950年~1957年 第001号~第039号』(RDAP000033)

 

【関連記事】資料紹介 > 布告・布令・指令等(2)住民の行政機構の設置

1952年(昭和27年)8月
琉球民主党が結成される

 

1952年8月、琉球民主党(民主党)が結成されました。

 

総裁は、米国民政府(USCAR)によって琉球政府の初代行政主席に任命された比嘉秀平でした。

 

右は、琉球民主党の結成届です。琉球民主党の総裁・比嘉秀平から、行政主席である自身に宛てたものとなっています。

『琉球民主党に関する件 1952年』(R00000471B)

 

 

 

上に戻る